ざっきめも

ましょうではでな僕

4コマ 台詞  

いいだろう。来るがいい。
…じゃあボクはパー。
(本当にグーを出すつもりだったのか。)

(ボクだってわからないことが…。)
(朝飯前だな。)
だんだん楽しくなってきたな。

ふふふ…。
ははっ。
はーっはっは はっはっ!
…全ては計画通り!!!
(これで今月は安心だ!!)

僕の指定問題は○×問題だ。
(神任せかよ!!)

朝飯前だ。

僕を甘く見ないほうがいい。
企業秘密だ。

面白い…来るがいい。
答える必要はないだろう。
オマエもなかなかやるもんだな…。
そうくるとは…。
(いつの間にー!!?)

くそっどこから…。
レオン!?
(戦車!!?)

全くスキがないな…。
何っ!?
(ロケット内蔵!?)

いばるな。

今日からよろしく頼む。
ぐぁあ!?
バカな…今の解答は正解のハズだ!
(そんなバカな!!)

(アンドロイドのアレか?バカバカしい…。)
は…?
…。
そんな…バナナ…。
くっ…。

こんなところでクイズするのか…。

うをっ!?鼻血っ!!
リディア先生、できればその…横に移動してもらえませんか?

それで揃いも揃って特訓するというわけか。なんともばかばかしい。そもそも、あの特訓方法は何なんだ?

フッ…。
う~ん…。
この魔法石は…わずかですが表面にキズがありますね…。
濁りがあるものも少々あるようですし…今回は比較的に状態の良いこの3つだけいただいときましょうか…。

……は?
どんな確率だ…。
あ ある意味化けると恐いタイプだな……。

えっ!?

まあ当然だね…。

category: 台詞

tb: --   cm: --

QMA通信漫画 台詞  

止めるなセンコー!
…先生。
少し放っておいてくれませんか…すぐに済みますから。
…来い。
またその話か。
事実を言ったまでだ。
いつになるやら…。お前がなるより百年早くなってやるさ。

…誰が何だって?
そんな噂を信じてる馬鹿がいるとはね…。
図書室で大声を出すな愚者め。
何より僕の静かな勉強時間を邪魔するな凡愚。
僕にか。
何が聞きたい。
僕の力を評価してと言われては…断れない。
僕に苦手な教科はないから…特にこうというものは無いな。
ふむ…。
マロン先生の科目などは趣味の色が濃いから得意とは言えないが。
だが逆に出題者の性格を考えれば傾向などは理解できる。
後は…最初からそう思っていてはダメだろう。
苦手と思うことで解答にも迷いが生まれケアレスミスを起こしやすくもなる…。
つまり苦手などと思わないコトだ。僕はそうしている。
何だ?
気が向けばまた聞きに来ればいい。
ま…こういうコトもある…さ。

category: 台詞

tb: --   cm: --

マジカルダイアリー 台詞  

大方恐怖心から幻覚でも見たんだろう。
なぜ僕たちまで?
いやそんなつもりはないんだけど…。
シャロンって案外付き合いいいんだな。
ムッ…
早っ!
2階東階段ってのもあったな。
ああその方が効率が良いな。
ああ…確かにいた。
いやこれはパニックになったルキアの魔法だ…。
ああ…ヤツもルキアの魔法にあたって逃げた…。
なんとかね…。
え!?
君たちの急に湧いたその自信の源は何なんだ。
(なるほど威張れねえ!)
…先生方は夜の学校で一体何をしてたんですか?
お泊まり会!?
(自分たちのせいですか!)

いいんじゃないか?僕たちの準備全部やっていってくれたんだし。
確かに料理なんてする機会ないしな。
(そう言われると)

違わないね。それは単なるお前のエゴだ。
知ってるか?ちゃんとわかるんだぞ、笑われてるの。
そんなものは必要ない。
猫にそんなもの着せてどうする!僕の選んだ服で十分だ!!
何てこと言うんだ。今の寒さ、猫がかわいそうだろ。
僕も断固拒否する。
(返品きかないんです…!!)
なんでそんな物を買ったんだ!?
いい加減にしろ。何度言ったらわかるんだ。
アメリアにセーラー服なんて似合うわけがない。
イエネコは寒さに弱いと聞いたことがあります。
出来れば!心配&返品不可なんで!!
え…?どうやって…。
(ですか?)

多分それくらいハードな授業だと言いたかったんだろ。
……さすがに命までは取らないと思うけど。

(なんて会話だ…)
!?
…… 言いたいことは それだけか。
問答無用だ!
ああ、きつかった。

category: 台詞

tb: --   cm: --

ラジオドラマ 台詞  

はぁ。レオン、お前は本当にどれだけ馬鹿なんだ。
レオンだけは、地面に落ちてもピンピンしてそうだな。
上手くすれば、ショックを和らげるぐらいにはなりそうか。
忘れていたんですか?
いや、流石にガルーダ先生でも、この事態ばかりは。
ガルーダ先生が、クッションになってくれたというわけか。
ああ…協力する…。

体育会系だな。
悪気はなかったとはいえ、どっちにしろ初対面の人間に対して失礼だろ?
レオンはもっと、言葉遣いに気をつけた方がいい。
お前だけのクラスじゃないだろ。
それに…ええっと…。
…ユリ。君も沸点が低すぎるぞ。レオンは考えなしの、こういう馬鹿なんだ。
許してやってくれ。
レオンなんかを本気で相手にしていると、君まで馬鹿になるぞ。
軽はずみに友達とか言うな!恥ずかしい奴め!
言わないようにしていたのに。
いや根拠も何も…。
すまんな、ユリ。あいつは本当に馬鹿なんだ。
な、本当に馬鹿だろ。
ばか。
いや、レオンはああいうロジックの持ち主だ。
そもそも、格闘系学科というものがあることに、僕は疑問があるんだ。
僕たちに知らされていることは、氷山の一角でしかないらしいな。
えー!?
フフフッ、あいつなりに転入生を歓迎しているんだ。
似た者同士か…。
彼女もまた、来るべくしてアメリアクラスに来た生徒というわけか。
騒がしいとも言うな。

先生…。
いや…ちょっと…ミランダ先生に用事が…。
おは…よう。
なんだ?
なんだよもったいぶって…。
はあ?軽はずみに親友とか言うなよ、恥ずかしい奴。で、なんだって?
そうだな。物腰が柔らかい、親しみやすい先生だ。
ん…!…ああ…確かに芸術的な美しさだな…。
…熱でもあるのか?
ああ?
はあ!?
なんだレオン、ミランダ先生のことが好きなのか?
そうなのか。まったく下品な連中だ。
やはり、何か言いたそうだな。
!?…な、なんだ?
なんなんだ…?今日の雰囲気は…。
…?はい…
そうですか?取り立てて言うほどのものでもなく、普通だと思います。
あの…お話というのは?
はい。
はあ?
…?ええ…。
…!自覚していますが?
僕はそんなにまで、先生方の話を聞いていないでしょうか?
ガルーダ先生。
それほどの話なんですか?
そういうわけではないようですが。
気が重いですよ。
フフッ…。
今日のアメリア先生は、いつにもまして変ですよ。
言いたいことがあるのなら、はっきり言って下さい。
僕が少々のことで、動揺すると思っているのですか?
先生…。
うわ!なんだ!?
おい…うまく喋れてないぞ…。考えをまとめてから喋れ…。
獣か!
はあ?
待て待て待て待て!! ええっと…何を勘違いしているんだ?
僕だって勉強以外に、興味を持つこともある。
こそこそなどしていません!
勝手に騒いで勝手に疲れて、確かに馬鹿みたいだな。
だったらさっきの血相はなんだ?あれが信じていた人間の顔か!?
くっ、こいつは…!
意識とかじゃない。僕は人の話を忘れないんだ。覚えていない君達こそ、恥じるべきだ。
ふん。君達には関係ないだろう?
喧嘩じゃありません!他人の分際で、あることないことまくし立てるから、論破してやったんです。他人の幸せの前に、自分の幸せを考えろって。
学問への好奇心です!
だからこそこそなどしていない!
ちょっと…!先生…!
勝手に変な話を想像しておいて、そのうえ損得の話とは、なんと身勝手な奴らだ!
お前は黙っててくれないか…。

ふん!お前が一人で買うのは恥ずかしいってしつこいからだ。
お前と違って僕の場合は、いつ何時唇を使うときが来ても、おかしくないからな。
商魂逞しい限りだ。
フフフッ…。
あほ。
こんなときこそ自重しろ!馬鹿!
リエル、こんな頓痴気のことは気にせず、さ、保健室へ。
いや、君達は何もしない方がいい。ほかの人を集めて、落ち着いて対処しよう。
アロエ、彼女を保健室に連れて行ってくれ。
よし。それじゃあ、いったん店を閉めて…。
はあ?
レオン!変な言い回しをするな!ええい、とりあえず事故は起こすなよ!
アカデミーの破壊王の名にふさわしい。
ふん…。今回だけだぞ。
おい見ろ…!客の群れが割れていくぞ!
保健室で休んでいろって言ったのに…。無茶だ。
素早い暗算…!的確な客さばき…!さすがリエルだ…!
いや、足を引っ張ってばかりだったろ。

あー、話し中悪いが、明後日提出の課題の話をしてもいいかな。
…はぁ。さっきもアメリア先生から言われたんだ。忘れたとは言わせないぞ。
忘れるな!お前もこっちに来て、話を聞くんだ!
アメリア先生が、わざわざ「馬鹿」が偏らないようにグループ分けをしてくれたんだ。
アロエ、すまない。苦労をかけるな。
お前たちはこれ以上邪魔するな!
調べものだったら僕が手伝う。お前たちは帰って、再テストの勉強をしろ!
二人ともなんだかんだで、頑張り屋なんだが…。
頑張り方が果てしなく下手なんだよな。
珍しいな。
その手に持っているのは…ヌンチャクか?いったい何があったんだ?アフロ…あ、いや、アロエ。
小さなストレスが積もりに積もって、爆発したということか。
くっ…!それは…風魔法の詠唱…!
そうだ!ちょっとしたショックで…崩れるぞ!
この建物ごと真っ二つだな…。
それほど…鬱屈していたというわけか…。
レオン!小さい子から、食べ物を取っちゃ駄目だといつも言っているだろう!どこまで単細胞なんだ!
ああ…そりゃあこんなことにもなるか…。
酷い偶然だな。
なんとかして止めないと、彼女は魔法を暴発させて、大罪人になってしまう!
ああ、僕もアフロだけはごめんだ。
ま、今回ばかりはそうじゃないと救われないだろ。

category: 台詞

tb: --   cm: --

OVA2 台詞  

あほだ。
編入生歓迎のホウキレースだよ。
許可なんて言葉、あいつらが知っている訳ないだろ。
悲しいことにね。
いいじゃないか好きにさせれば。腹が減ればやめるだろうさ。
はぁ…それもそうか。
いや、それは駄目だろ。
それ関係ないだろ…。
お前馬鹿なんだから、あんまり考えると熱が出るぞ。
いや、心配なんてしていないが。
何もしないことが、最善だと思うがな。
お前は子供だがな!
タイガ。
一応、責任を感じているらしい。
はぁ…。
無理、だな。装置の破片が飛び散ったのは学園の外。魔物で溢れる、森の中だ。
難しいだろうな。地図があるならまだしも。
あ。
じゃあ、浮遊装置を入荷してくれ。
ああ。言っても許してくれないだろうからな。
さっき朝食食っただろ…。
こら!僕たちも逃げるんだ!
先生ー!
くっ…走るしかないみたいだな…!
ふっ、女子に出遅れたな。我々も行くぞ!
よくやったぞ!

category: 台詞

tb: --   cm: --